出雲 楽山焼 茂三写茶碗

出雲 楽山焼 茂三写茶碗

出雲楽山燒 茂三写茶碗

長岡住右衛門

松江二代藩主網隆が萩の倉崎権兵衛を得て、出雲楽山焼をおこす。宝永年、その後一時休窯し、享和(一八〇一)頃、長岡住右衛門が不昧公に登用され復活。本作品は公所蔵の茂三を写したもの。出雲茂三としてよく識られた住右衛門の代表作である。常より少し大きく寸法抜群である。不昧公・雲台公の箱書のものもあり、無キズ。

 


写真をクリックすると画像が拡大します。