庸軒好凡鳥棗

庸軒好凡鳥棗

庸軒好凡鳥棗

比喜多木仙松斎判 比喜多元達箱

凡鳥とは鳳のこと。甲に桐紋蒔絵があるのは、鳳凰は梧桐にのみ栖住する中国伝説による。本歌は初代宗哲で、本作の作者は宗哲ではないが、精巧で本歌に近く漆の透け具合もよい。庸軒流の茶入で京都の豪商大文字屋の主人比喜多木仙の在判とその息子比喜多元達の箱書が添う。

 

 

 


写真をクリックすると画像が拡大します。